FFB

アクセスカウンタ

zoom RSS 本日は、

<<   作成日時 : 2009/03/04 13:59   >>

トラックバック 0 / コメント 6

昨日のつづきで僭越ながらワラクシの巻いたフライをちと。
zinc362さんのブログのカタログ写真に触発されまして、MY FLYの別アングルをご紹介。

画像


写真右のほうがフタスジモンカゲ(ロウ)のダンの”つもり”(笑)。



ここでコマい説明を。

ダンというのは亜成虫。
水生昆虫であるモンカゲの仲間には、陸生の昆虫と同じように一生の中に数回のステージがあります。
まあ平たく言うと変身or変化ですな。


ポピュラーな名称とフライでの名前(括弧内)を説明しますと、
@幼虫(ニンフ)=この状態は水中です。
主に砂地やら大きな石の裏側やらにおいでになります。
こいつのばあい、蛹は無いのです。

A水中から水面に泳ぎあがり表面張力を割ったときから脱皮中まで(イマージャー)
このときあたりがもっともキケンな時期。狙われやすい。
脱皮に失敗するものも多々(イマージャー&シャック)。
ここらのパターンは鱒様たちによく効きます。

B見事脱皮成功(ダン)でもウィングを乾かす間は水面上(zinc362さんのブログ写真)。

C飛び上がってもいちど脱皮(スピナー)し成虫となるのです。

Dスピナーが婚活して群をなし、その後、卵を水面にちょんちょんと落として行く(スピナーフォール)。

ってな感じでそれぞれをソウゾウしながら巻き巻きするのです。




画像


これって”おとん”だけの愉しみでしょう?
毎晩ロッドを磨いては、フフっ
フライ巻き巻き、「釣れソ〜だよコレっ」みたいなネ、フフっ
激ヤバっ(爆)







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
私がフライを買うポイントは、自分がトラウトならばどれを食べるだろう。という安直な考えで買っています。
kajinao_father
2009/03/05 11:18
 亜成虫は、確かイマージャーでしたよね・・・?
私がトラウトだったら、絶対に食べると思います。
kajinao
2009/03/05 12:51
>kajinao_fatherさん
そのとおりですが、決して安直という訳ではないと思います。
何回も釣り場に通っているうちに、自然と「コレ」みたいのに落ち着いてくると思います。
わたしも、前日までなんやかんや考えても釣り場で最初に結ぶのは自分の好きなフライだったりします。実際には「好き=釣れた実績がある」ですね。

フライを制作する様になると変わってくるかもしれません。
ノリ
2009/03/05 12:54
>kajinaoさん
この辺のところは結構細かい見解があります。
あるフライマンの書いた書物にはこう有ります。
「カゲロウで言うと、昆虫学上は脱皮した瞬間はダン(亜成虫)です。しかしフライの世界では、翅がのびきっていない状態なのでイマージャー(出てくる途中)とよぶことにする。」とあります。
そう、この世界で金をとる人たちはかなり細かいヒト(ヘンタイ♡)が多いです(笑)
ノリ
2009/03/05 13:58
勉強になります♪
細かな分類があるのですね。
時期や状況にあわせて選択する…ってことなんでしょうね。
基本マッチ・ザ・ベイト。でも敢えて外す…ってのもありなんでしょうかね。
zinc362
2009/03/05 14:07
>zinc362さん
そのとおりです。
といいますか、敢えてではなく「偶然に」釣れたってのも多々(笑)
それもまた一興。
ノリ
2009/03/05 14:22

コメントする help

ニックネーム
本 文

"ノリ"ノリ動画っス

So Cool♪

FunkyGuiterGrantGreen♪

BOSSA♫

本日は、 FFB/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる